映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Blog・キネマ文化論』が消えた...
2007年09月07日 (金) | 編集 |
私が、映画レビューのブログを書いているのは、何故だろう?

映画館の暗闇の中で、ドキドキして上映を待つ。
映画館に行っては、感想を自分の中に溜め、ブログをupする。この作業は思ったより、簡単でない。
この積み重ねで出来た沢山のエントリーやもらったコメントの数々は、自分にとって宝物のはずだ。
私は好き嫌いが激しいので、最初から嫌いな映画は観たくない。それが自分のスタンス。
観た後、ハズレることがあって辛口批評になるけど...。
イラストもup するので、最初から嫌いなものは描きたくないというか、描く気がしない。
タラン6428.jpg

最初から批判ありきで映画を観に行くのは、良い悪いというより、楽しくない。

映画ブログの中には色んなタイプがあって、それこそプロが書いている物や、話題作、単館系あらゆる映画をたくさん観て映画レビューを書いている所や、試写会などでいち早く情報を伝えてくれる所、掘り下げて詳しい所、アニメやマンガ、本も取りあげている所、などなど百花繚乱。

さて、前のエントリーで取りあげていたので、ここで書いておかないと自分も収まりがつかない...。

いつもの炎上だと思っていた『Blog・キネマ文化論』が、消えた...。

まさか、消える!とは思ってなかった。

『キネマ・文化論』は今ほど上位じゃない頃は、まだ穏やかな(今と比べると)可愛い文体だったような気がする。コメント欄のレスも、まめにされていた。
刺激的なエントリーの時は、コメント欄が賑わって(荒れるとゆーか)反応が違った、と思う。
ブログの無反応の淋しさはよく分かるのだが、それにしても刺激的な言葉も多くなってきた、と思う。

だから、言えてるエントリーと引くエントリーと混合する映画ブログだった。
話題作と単館系まで、あらゆる映画を網羅した感想と評価額。なかなか他に無い映画ブログだった。

最近は、鬼のように毎日映画レビューをupされていたので、驚いていた...。
尋常なレベルではない。かなり実生活を犠牲にしないと出来ない技だ。筆も荒れていた気がする。

つい最近のエントリーでは『げっ』と受け付けない文章もあった。そういう時はスルー。
それらをひっくるめて、私は『キネマ文化論』の愛読者だった。
だから『謝罪文』の読者にも愛着を感じていない...等のくだりは、軽い失望を覚えた。

あの『エヴァ』のエントリーで反論コメントが来るのは、本人の自己責任。
本人も分かって、反応を楽しみたかったんだ、と思う。
炎上をくい止めるチャンスは、最初の『謝罪文』にあったのに、石川氏はそれをしなかった。
おいおい、曲がりくねっている男だな。また、炎上。う~ん、しょうがないよね...。

私は、そこまでは傍観。でも、そこからは、どうしても許せない。
なんで、個人情報を特定しようとするんだろう。ブログをやってただけの人に。
差別用語が酷くて我慢が出来なければ、ココログのほうに削除要請を出すとか、順序がある、と思う。
なんで、ネットに、本名と歯科医院の集合写真が出回るんだろう。

全部が『エヴァファン』じゃなくても、外部からみたら『エヴァファン』に見えるし、
どっちがどの歯科医院か?も外部から見たら、分からないし。
今度の事も、マスコミのネット叩きのいい材料になりそうで...残念です。

『Blog・キネマ文化論』には ”カフカの森”という膨大な書評もくっ付いていた。
全部は読んでなかったので、残念。

私も、人とのいさかいで最初のブログを潰した事がある。削除した時には、涙が出た...。
リンクしてくれてたブログに何も言わずに、消えた。今、多分、私のブログだと気付いていると思うが、TBをくれないので、きっと怒っていると思う。

ましてや長年の『キネマ文化論』さんのブログが消えるのは...どんな思いか考えた事ないんだろうな。
私は悲しい。今度の事は、凄く残念だ...。

↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気blogランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。