映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デス・プルーフinグラインドハウス
2007年09月02日 (日) | 編集 |
タラン2418.jpgクエンティン・タランティーノ監督の『デス・プルーフ in グラインドハウス』を観た~!

”グラインドハウス”とは60~70年代のアメリカに沢山あった低予算のB級映画を2~3本立てで上映する映画館のこと。
はじめは、ロドリゲスの『プラネット・テラー』とタランティーノの『デス・プルーフ』の2本立てで上映。最初のロドリゲスの映画を観ると帰る観客が多く、また上映時間が長いという苦情もあったらしく、単独上映になったそうである。ご丁寧に、ニセ予告編も作ったとか。

言っとくけど、私はタランティーノ・マニアではない。
(今回観たのは、タランティーノが描きたかったから)
むしろ知らないとゆーか、苦手とゆーか...。
『キル ビル1』の時は、宣伝につられて...
また、監督のキャラにも興味を持ち、ワクワクして映画館に行ったものの、私的には『???』...で。

タランティーノ好きにはイカした映画でも、そうでない者にはイカれた映画...としか思えなくて
『キル ビル2』は未だ観ず。たはは。あっー!タランティーノ ファンの方、石をぶつけないで!


タラン3419.jpg最初のセクシーガールたちの明け透けなお喋り。

男の事など下ネタだらけの他愛ない会話。
女同士ツルむのも心地良さそうに、長くて綺麗な足を投げ出して、延々と続く。

これがまた長~くて、多少退屈になりかけた頃、スタントマン・マイク(カート・ラッセル)が登場。
カートラッセルを起用したのも、きっと何かの映画のオマージュなんだろうな...。

だいぶ年季が入った崩れかけの顔が、不気味な殺人鬼の狂喜を秘めている。
彼の車はデス・ループ(耐死仕様)に改造した黒いシボレー。ボンネットにドクロマーク。
場面は、一挙に恐怖の世界にギアチェンジ。

あのね、あれだけ女の子たちのお喋りに付き合わされて、女の子たちに感情移入が出来たかというと、ちょいとアバズレなネエーちゃん達だったので意外と『..... 』なだけだった。
おぉっとごめんよ、ガールたち。
車の爆音ともの凄いクラッシュに眼を奪われたけど、スプラッターの部分が洗練されたのかあんまりグチャグチャじゃなくて、ちゃんと眼を開けて観れるホラー?であった。ふう~。

第2のガールズ4人組は...
黄色(好きなのね~w)のチアガールの格好した新人女優リー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)...『ダイハード4.0』マクレーンの娘をやっていた。
ヘアメイクのアナバシー(ロザリオ・ドーソン)...『シン シティ』に出ていた。
あと、スタントウーマンたち。
キム(トレイシー・トムズ)...カーアクションならお手のもの。『RENT』に出ていた。
ゾーイ(ゾーイ・ベル)...『キル ビル』でユマ・サーマンのスタントをやっていた。

もうね、『世界陸上』で腹(といっても見事な腹筋)出して競技している女たちみたいに、逞しい。
躁状態で、自分のマニアックな願望を果たそうとするハイテンションな喋りにも行動にも、あきれて口を開けて観てるだけだわ。ここまでキテると、いっそ清々しい。はは...。

スタント・ウーマンのゾーイに乾杯ね!
ボンネットで、頭が先に逆さまになった時はつかまる所が無いじゃん!と思ったけど、さすがにスタントマンがケーブルで彼女の身体を引っ張っていたそうである。
それでも、彼女は『こんなに怖い思いさせて!じゃあ!やってやるわよ!』と怒りまくりつつ開き直っていたそうで。強いわ~、この女たち。エロかっこいい!とは、このことね。

タラン417.jpg

私が映画オタクで詳しかったら、この映画はもっと楽しめたと思う。
どの映画のオマージュか...とか、いろんな符号が分からなくて残念だったわ~。

なにしろ私は『バニシング ポイント』が車の映画だと初めて知ったし、断然『プリティ イン ピンク』派なんですもん(笑)
モリーが古いドレスをリフォームしアレンジするトコなんか大好きだったな。

まあ、タランティーノ映画に慣れたのか...最初思ってたより、ずっと楽しめましたね。

全然っ、感動作品じゃないけど(笑)少なくとも今まで見たハリウッド大作とは毛色が違うし。
タランティーノが好きな映画や音楽をコラージュして、わざわざフィルムノイズや、音の飛びやダブりまで再現して観せてくれて、凄く『映画への愛』を感じました。

これ、一応ホラーと銘打ちスラッシャー(スプラッタ)映画なんで、よく考えると残虐な場面もあるのですが、イケない事に爽快感さえ感じてしまいました。

最後なんか『よしっ!いけぇ!』なんて思ってしまいました。

タランティーノの毒に、麻痺したんでしょうか...。

グシャ、バキッ、グニャ、ボキッ、バリッ!!おしまい!!


↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気blogランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。