映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕凪の街 桜の国
2007年08月21日 (火) | 編集 |
夕凪ってロマンチックに聞こえるけど、夕方に風がやみ蒸し暑い状態をいうんだ...と、あらためて思い知った。今までにも、私には知らないことはたくさんあったけど...。

夕凪3402.jpg

『夕凪の街』はノスタルジックな風景と、出ている役者さんもその時代にすんなり溶け合っていました。
皆実を演じる麻生久美子が儚くて ”結婚”という幸せにも踏み切れず、罪悪感を感じてしまう女性を切々と演じています。皆実が幸せになろうとすると、あの時の情景がフラッシュバックされ、観ているこちらも辛いです。もう体の奥にしまい込んでいる傷に触れられているみたいで、涙が止まりませんでした。マンガと違って、映画のほうが湿り気多めです。顔中、塩辛くなりました...。

『桜の国』のほうは『夕凪の街』とパキっと色調と雰囲気が違うので、私には最後までなじめませんでした。マンガは同じ絵柄ですから語られるトーンは一緒なんで、違和感が無かったんですが。
この映画は、マンガの原作に忠実なんですよ。
原作ファンとしては嬉しいのですが、それは時として両刃の剣。
マンガではスルーして読むところが、実写になると不自然で納得いかない部分があり、そこは脚本を実写用に変換してほしかったです。


生まれる前
そう あの時 わたしは ふたりを見ていた
そして 確かに このふたりを選んで
生まれてこようと決めたのだ

と、少しファンタジーなセリフもあるので『桜の国』もノスタルジックな色合いで寓話のような感じでも良かったかなぁ...。
脚本を練る時間が少なくて、熟成しなかったんでしょうか...。
これは、マンガ実写化映画としても少し残念。
『夕凪の街』が良かったんで『桜の国』も揃えば、くるんと完成度の高い映画になっていたと思います。

どちらかというと、私は映画よりマンガのほうが好きです。


マンガでは、皆実は倒れてからあっという間です...。
眼も見えなくなり、真っ白いコマの中で語られる...。

嬉しい? 10年経ったけど
原爆を落とした人はわたしを見て
『やった! また ひとり殺せた』
とちゃんと 思うて くれとる?

なんて哀しい独白だろう...。

少なくとも、私は原爆のことを忘れません...。


↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気blogランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。