映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュレック3
2007年07月12日 (木) | 編集 |
全員、集合!グリ~ンだよ~~!

シュレック347.jpg

『シュレック1』は、映画館で字幕版を観た。『2』はこの間TVで。
つまり、それほど熱心なファンではない。えへへ。

『1』は、とても新鮮だった。予告を観て、絶対、映画館に行こう、と思った。
おとぎ話をちゃかしてるし、ファミリー向けアニメなのに辛口で皮肉も効いている。
エディ・マーフィーの喋りも、ドンキーによく合ってる。

『2』もTVで観たら、意外と面白かった。懐かしのメロディーを上手く使っていて、笑えた。

『3』は?というと、ちょうど良い時間に字幕版が無くて、日本語吹き替え版を観たの...。
嫌~、浜ちゃんだよ。抵抗ある~。アットホームなイイ人の声よ?大丈夫かな?
観てるうちに、気にならなくなっていったけど ”長靴をはいた猫”は、色男のアントニオ・バンデラスの声を聴きたかったなぁ~。竹中直人もいいけど、すぐ顔が浮かんできちゃって(笑)

”髪長姫”のあたりで、がっくりした...。あ~そういえば、アンチおとぎ話アニメだったねぇ...。
私『ラプンツェル』の話が大好きだったので、このお姫様の髪型も性格も...ふぎゃあ~!
その上、声は光浦靖子よ!ははは(泣く)その他の姫の声も、白雪姫が大沢あかね、シンデレラは、星野亜季(ほしのあき)う、う~ん。
考えてみれば、私はおとぎ話が好きだった~。特に、お姫様ものは大好き。
アンデルセンもグリム童話も、ディズニーアニメも。
ちびまる子でいうと、私はたまちゃんか野口さんぐらい大人しくて、文学少女だったわけよ。
チャーミング王子は、藤木君みたいに卑怯で、ナルでマザコンで...ははは(泣く)

CGは、全体的にわ~素晴らしい!って感じで、楽しませてもらいました。
ここまでCGアニメって進歩したんだなぁ、と感慨深いものがありました。
初歩的白黒アニメを観てきた者にとって、驚き!

ただ、今回、人間たちが大勢登場するんですが、実写に近過ぎて、気持ち悪い。
自分的には、もう少しデフォルメしてるほうが好き。
ドンキーなんか、一番好き!あの姿も表情も、よく練り上げられている。
おとぎ話のメンバーや、ドンキー、長靴をはいた猫、ピンクドラゴンは、可愛いので、次回作には人間じゃない新キャラを観たいです。

アントニオ・バンデラスが、雑誌のインタビュー『4と5の間に、長靴をはいた猫のスピンオフをつくる予定。あと、3本はシュレックに参加する。2014年まで、このシリーズに縛られるんだよ~。ワァ~!』と、答えていた。

スゴいですね!2014年(予定は未定でしょうが)まで、3本ですよ!
まだ、ブログをやっていたら、観に行くかも(笑)

結構、館内の子供たちも笑っていたので、まぁファミリーアニメとして良いんじゃないでしょうか。
『1』の毒気は薄れましたが、無難にアットホームでハートフルでした(浜ちゃん、頑張った?!)

『1』は、大人が観たくて、ついでに子供を連れて行く...感じ。
『3』は、子供が観るのに、大人がついて行って楽しめる...感じ。でしょうか。

シュレック、不細工で可愛くない~と思って描いたら、よく見たら”優しくて和む”顔でした。


↓人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとよろしく!
人気blogランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。