映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キサラギ』
2007年07月08日 (日) | 編集 |
イチゴ娘...HNもヒドイが、怪しい、いかにも怪しい。
怪しいおっさん、アブないおっさん、キモイおっさん、演じるのは、香川照之!

キサラギ2345.jpg

いや~、香川さんは凄いです。
凄すぎて、香川さんの深さをまだ描ききれてないので、そのうちまたチャレンジします!

最近、どうも釈然としない納得出来ないストーリーの映画に、欲求不満になりかけの貴方へ。
この『キサラギ』は低予算(多分)だけど、ピリ辛甘の絶妙映画です。

最初は、ただ笑えるんです。でも、しっかりサスペンスなんです。
何気に笑っていたコトが、ええっー(←塚地のモノマネ)あの人が...この人も...そうだったんだー!と、いろんなエピソードが出てきて、ほどけていた伏線の糸がたぐり寄せられ、繋がっていきます。
ほとんど密室の芝居で、セリフの量も多いのに、飽きません。
ムサイ男ばかりの密室劇なんで、少々息苦しいけど(笑)

オダユージ演じるユースケ・サンタマリアも、ちょっと嫌みなシリアスさでキメ、さすが湾岸署の交渉人”真下正義”(笑)ホントは、青島刑事に憧れてたんだねぇ(笑)

小出恵介...この間の『ネプリーグ』ではテンション低くて、おまけに眼がクリクリして可愛かったぞ(話が違うw)
この人は、髪型でテンションが変わるので(←私の勝手な定説)『のだめ』の乙女アフロや『キサラギ』のもう一つの髪型が似合う、と思う。
ラブストーリーより、ハイテンションなおバカの役が好きだなぁ~(小出ファンの方、すみません)

キサラギ3346.jpg
安男演じる塚地武雅...真面目さや誠実さが、演技に出てました。
この役は地でやれた、と思います(笑)

後方ナナメ40度が誰に似てるか?って!
怒るど!安男(塚地)!
まさか”あの方”のお名前まで、出てくるとは?!
最近、ラストカットを見逃したので ”あの方”を2回も観てしまいましたが、はっきり言う!
似てませんっ!!

”オダ ユージ”やら、もう、いろんな人を引っ張り出して笑わせてくれます。



如月ミキの顔も、よく覚えてないのです。最後まで顔出ししなくてもイイぐらいの印象...。
で、テキトーにブリブリでプリチーな女の子を描きました。
こんな女の子を描くのは、久々なんで楽しかった~。

歌も歌詞なんて覚えてないくらい、微妙に下手だったような(笑)踊りも(爆)
う~ん、売れないよね。売れないよね。こんなんじゃあ(笑)

関係者が多くて、なんだ、本当のファンは”家元”(小栗旬)だけ?!だったのか...。
皆、如月ミキに繋がりのある人たちばかりで ”家元” はショックを受け凹む...。
でも、ちゃーんと運命(脚本なんだけどねw)は ”家元”にも微笑んでくれた...。

小栗旬は、高校生コナンの工藤新一は良かったけど、なんで”花沢類”なんだ!とずーと思っていて、それほど好きじゃなかったんですが、この映画で好きになりました。

キサラギ344.jpg

『如月ミキは、何故、死んだのか?』という謎解きだけでなく、最後はほろっとジーンとするのよ。
プラネタリウムの輝く星と同じように、一瞬光っては消える泡沫アイドルたち...。
こんな風に想われるなんて、売れないアイドルも本望だなぁ...って思うと。

エンドロールのダンスは賛否両論みたいだけど、私は好きだったなぁ。

あんなに喪服を乱して...彼等の悲しい想いが見えた気がして、はっとしました。
追悼?!のダンスを踊るアイドルヲタクの男たちが、可愛く切なく見えました。
(これから、ヲタ芸の人達をキモイ眼で見ないようにしたいデス。はい)

エンディングの曲(ライムライトのキサラギ。如月ミキの、じゃあないよw)も、良かったデス!!

ラストカットは ”宍戸錠”ですからねー!最後まで席を立たぬよう!!


↓人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとよろしく!
人気blogランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。