映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞妓Haaaan!!!
2007年06月26日 (火) | 編集 |
皆さん、お見舞い、本当にありがとうございました!これからも、よろしゅうに!!

舞妓330.jpg

のっけからHP『ぼんの舞妓日記』のやりとりから、笑わしてくれました。

あれれ、さっきまで打っていた文が、そっくり消えてしまったので(泣く)今日は簡単に(笑)

京都のかやく工場、好きでした~。生瀬工場長ら工員さん達も、黄昏れていてイイ感じ(笑)

堤真一も、あんなに面白い人だとは思いませんでした。

柴咲コウも、お間抜けな脇役だったせいか、今までになく可愛かったですね。

ストーリーについてツッコもうと思ったんですが、パンフでクドカンが言ってるのを読んでいたら脱力したんで、いいです(笑)

この映画は、ストーリーはさておきリアリティーは追求せず、笑って笑って楽しむ!ということにつきるでしょう。


舞妓3335.jpg植木等さんが、ほんのちょいと出ておりました。

お座敷遊びの常連さん、西陣の社長はんの役で。
BGMの三味線は『スーダラ節』

植木さんが出たとたん
『ほら、植木等。これが、最後の映画出演よ』
と、話す老夫婦の声が聞こえました。
植木さんにお別れを告げに来たんでしょうか...。

最後に『植木等さん、笑いと元気をありがとう』というテロップが流れてました。

あ...『笑いと元気』
いい言葉やなぁ...。


↓人気ブログランキングに参加しています。ポチッとよろしく!
人気blogランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。