映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッキー・ザ・ファイナル
2007年04月26日 (木) | 編集 |
この間、TVをぽちっと付けたら『ロッキー 4・炎の友情』をやっていました。
知らんかった。もう最終ラウンド?!あわてて録画しました(←似顔絵の資料になる)
ソ連の選手ドラゴと打ち合い、ノックアウト!皆で、汗と涙のテン・カウント。やったー!
すると、あのテーマ曲がかぶさり...おぉっと待てよ。激しい既視感。観て来たばかりの『ロッキー・ザ・ファイナル』とだぶる...。そういえば『ロッキー1』も、同じ作りだったわね~。


ロキロッキ-276.jpg


私は『ロッキー』の1と2はちゃんと観たんですが、3、4、5はこのように見かけただけで、しっかり観ていません。でも、今度が最後なので(まさかライジングとか無いよね)お別れを告げる意味で、観に行ってきました。

私は、この人の顔と着やせしない体が苦手だったんで、実を言うと好きじゃなかったんですが...。
この間、TVのインタビューで『...ファイナル』の時より太っていて、眼を開けるのもシンドそうなシルベスターが、案外笑えるコメントで上手く切り返していたので、少し好きになりました。

で、今度の『ロッキー・ザ・ファイナル』も、思ったより良かったです。

まず、短い。103分で、ここ!という所でスキっと終わっている(最近、長い映画が多かった...)
色んなお約束も見せてくれる...生卵の一気飲み、フィラデルフィア美術館の階段一気上り、ぶらさがり精肉豚へのぼこぼこパンチ・トレーニング。懐かしいメンツも揃え、ここぞという時に、あのテーマ曲を流してくれる...。ベタベタでも、だんだん感動してきます。
元気が無い時、今のテンポのいい曲より、昔の遅いテンポのシンプルなロックを聴いていると元気になれる...そんな感じです。

ロッキーが初老期に入り、愛する妻エイドリアンに先立たれ...”イタリアの種馬、ロッキー”の貴重な一粒種のロバートとは、心がすれ違い...孤独で虚しさを感じる日々。
前作 5では”ロッキー・ジュニア”は、セージ・スタローン(実の息子)がやっていましたが、今回は不参加。
ロッキーが息子に語る場面は、何だか実の息子さんへのメッセージのような気がしました...。
私もブログを借りて、息子に言ってる時がありますもん。息子は『長っ!イラストブログなのに、文、長過ぎっ』と言ってましたから、読んでないでしょうが...。

そして自らを奮い立たせる為に、もう一度リングに挑戦。

60歳ですよ。シルベスター・スターローンって。あぁ、脱がないで!って思いました(笑)

ラスベガスのリングで、フットワークのシーン、足がもつれていました。
これ、演技じゃなくマジでしょう。
リングアナの実況も、ロッキーが花道を出て来る所から、言いたい放題で、笑えました。

試合の場面は、迫力でした。

ロッキ-278.jpg


日本でも団塊の世代、アメリカでもベビーブーマーの世代が元気です。
『ロッキー・ザ・ファイナル』は、最初から作ろうと思っていたのか?
いやいや、こういうシニアパワーに押されて、出るべきして出た作品かも知れませんね。

もちろん、どんな世代にも、元気になりたい時に観るといいです。
どんなにベタベタでも、元気になりたい時ってありますからね...。

『まだ、お前の人生のゴングは鳴ってないんだ』by 老トレーナー、ミック

『どんな強く打ちのめされても、こらえて前進することだ。そうすれば勝てる』by ロッキー



↓あのテーマソングを聴くと、思わずハイになる人、クリックよろしく!
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。