映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『パフューム』ある人殺しの物語
2007年03月05日 (月) | 編集 |
えっ!最後はこうなるの!?冒頭は処刑が決まったシーンから始まるので、てっきり最後は主人公の処刑で終わるのかと...。
なのに、想像もしない映画のラストには、驚愕です!

ローラ189.jpg

ローラ(レイチェル・ハード=ウッド)は、グルヌイユ(ベン・ウイショー)が求めてやまない最後の”特別な香り”...。
アラン・リックマンのパパはそれこそ犬の嗅覚並みの敏感さで、娘の危機を感じる。
しかし、相手は脅威的な能力を持ったグルヌイユ。
7分丈ズボンでスタスタと自分の欲求のみに従って、どこまでもターゲットを追って来る...。

このグルヌイユは、赤ん坊の時から凄い。
普通、赤ん坊は人の手をぎゅっと掴んだら”口”にもっていくのに、この赤ん坊は”鼻”にもっていく。本能からして、間違っとる。幼い頃から、異質な人間である。

天才的嗅覚を持つグルヌイユは、究極の芸術家でもあり、そしてピュア?!なのに、もはや”人間”とはいえない。おぞましい事に手を染めていく。運命の”香”りを手に入れる為に。

グルヌイユは、ほとんど喋らない。
唯一、雄弁だったのは、自分の生きる目的を知り、今の過酷な境遇から望みの職につく為、落ち目の香水調合師バルディーニ(ダスティン・ホフマン)に語る場面である。
そして、自分の鼻を駆使して流行りの香水を瞬く間に作り上げ、もっと良い匂いの香水も作ってしまう。
この辺は、観ていてとても楽しい。ダスティン・ホフマンと共に、魅惑的な香水を嗅いでいる気分になる。


↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気blogランキングへ

↓下に続く...読んでね。

スポンサーサイト

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。