映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハチクロ』DVD
2007年01月14日 (日) | 編集 |
そういえば12日(金)に『ハチミツとクローバー』の映画のDVDが、出ましたよね。

ハチクロ133.jpg


これもマンガを読んでいたので、どうしても観てみたくなって、映画館まで足を運んだ。
映画のほうは、美大を舞台にした恋の話になっている。

見た目そっくりの俳優陣を揃え『ハチクロ』のマンガ原作の一部分 ”全員、片思い”という切り口で仕上げてみせたのが、この映画。

主役の花本はぐみ(はぐちゃん)は、蒼井優。
すごく愛らしくて、健闘している。もう似てなくともいい位(笑)

竹本祐太は、櫻井翔。
この人のぼわ~とした素朴な感じは、捨て難い。
『木更津キャッツアイ』のバンビの時から、えっいいなぁ~、と思ってきた。

真山巧は加瀬亮、山田あゆみは関めぐみ、原田理花は西田尚美。
この3人は、見た目そっくり。しかし、マンガ原作をよんでいる身には、少し違うかも...。
映画だけ観ている人には、気にならないのかも知れないけど...。

あんなに一途な気持ちを寄せて来る”あゆ”を振ってまで”理花”を好きになる真山の気持ちが、マンガを読んでいても分からなかったが、映画を観てもますます分からなくなってしまった(笑)

西田尚美には、それだけの説得力が無いっ?!
もう少し真山君をストーカーにさせる位の(映画では変態ストーカーに近かったぞ)ク-ルビューティの女優さんをお願い(笑)

この3人ほど見た目が似ているわけでも無いのに、イメージそっくりだったのは、花本修司(堺正人)と森田忍(伊勢谷友介)
これはもう、演技のチカラ?この2人には、ほとほと感心してしまった。

森田とはぐちゃんが惹かれ合っていくのもよく分かったし、羽海野チカさんが映画の花本先生に惹かれたのも、何か分かる気がする...。かといって、マンガ原作では、はぐちゃんが誰を選ぶか?なんて本当に分からなかった。

あの結末、ホントにホントに意外だったなぁ...。

おすぎが『若い人の恋の話なのに、この映画、sexを全然扱ってないのよ』とか言っていたけど、このマンガ原作はそういう話じゃないもんね。分かってないなぁ。

いや~Hな物もそれなりに支持するけど、この『ハチクロ』はまた別。
あれはあれ、それはそれ。
デープでドキドキしてHなものが多くなった少女マンガの中で、珍しくピュアなときめきと切なさを描いたマンガ作品だから。

映画は、少し物足りなくてメリハリが無かったんで、私は少し眠ってしまった...でも、最後のピッツの『魔法の言葉』が流れて来て、あぁ良い曲だなぁ~とつくづく思った。
映画と、とても合っている。すっかり切なくて、少し幸せな気持ちになってしまった。

この間、久々に画材屋に行った時に、なんと!”ハチクロ・モデル”のアクリル絵の具(リキテックス)セットが、あった!ほぉ~。(はぐちゃんは、惜しげも無くデカイサイズを使いまくっていた...)
私のリキテックスはカチカチに固まって全滅だったので、買いたかったのだが、持ち合わせが無くて...残念!

この映画で、耳に残っている言葉...『森田さんは、ずっと絵を描いていく人なんだ』

”ずっと、絵を描いていく人なんだ、なんだ”...私の頭の中でエコーしている。

”ずっと、絵で食べていく人”も、私はリスペクトする。

”絵”にかかわらず、何らかの”創作”を続けていく人を、私はリスペクトする。

凄く、難しいことだから...。

↓人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。