映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のだめアニメ
2007年01月12日 (金) | 編集 |
2007年1月11日(木)24:45~(←コレ、金曜じゃないの?)
『のだめカンタービレ』のアニメが始まりました。

のだアニメ132.jpg


マンガも好きなんで、TVドラマもずっと観てました。
で、ついついアニメも観ちゃいました。

オープニングが、ドラマよりクールで大人っぽい!エンディングは、もうちょっと。

声が微妙~に違和感があるけど、そのうち慣れるでしょう。

野田恵は、川澄綾子。
すごく可愛い声で『ぎゃぴ』『ぴぎゃ』とか言っても、全然フツーに聞こえるので、そこの所は特別に強弱つけてください、と言いたいくらいデス。
上野樹里は、すごく”のだめ”にハマっていて良かった!のですが、あの”のだめ”しゃべり+幼児語がちょっとウザかった時も...。
だから、アニメのほうは声もキュートなので、マンガやドラマより可愛く見えちゃいます。
ん~、アニメの”のだめ”すごい可愛い~。

千秋真一は、関智一(ガンダムSEEDのイザーク)
最初は、ん、ん、と思いましたが、アニメが終わる頃には、馴染んでいました。

谷岡肇先生は、活力ある声で元気そうでした。
考えてみたら、この先生は学生にあまり教えていないですねぇ(笑)
千秋が付きっきりで、のだめにピアノを教えていたようなもんですもんね。

ハリセン教授は、ドラマもアニメも声が似ていて、イメージが一緒です。或る意味すごい。

ベートーヴェンのピアノソナタ『悲愴』モーツァルトの『2台のピアノのためのソナタ』が、また聴けて、嬉しかったデス。

のだめは『悲愴』を”ん~ん~ネコのフン”と歌っていました...初めて、気付いた?!

しっかし、のだめゴミ部屋には”甲子園の土”まであるんですね。

来週は、峰龍太郎がいよいよ登場です。も、も、大好きなキャラです。

監督はカサ#ケンイチ、キャラデザインは島村秀一、アニメーション・スタッフはJ・C・STAFF
ハチクロのアニメを作ったメンバーです。期待大です。

木曜の夜が(録画して寝てるけど)楽しみになってきました。

TVドラマの『のだめカンタービレ』が終わった時は淋しかったんで、再会出来て嬉しい限りです。


↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気blogランキングへ
banner_03

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。