映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プルートウ』4巻
2007年01月11日 (木) | 編集 |
『プルートウ』4巻は、まだ読むつもりは無かったんです。
『MONSTER』『20世紀少年』で懲りていますから。

去年、とうとう買ってしまったんです。とある駅の裏口にある古本屋で。
デブを拒絶しているかのような陳列棚の間が狭い店構えの...そう!まるで『金魚屋古書店』みたいな古本屋です。

『プルートウ』の単行本を2冊、安かったんで、つい。
某ブックオフでは350円だったのが250円と値札が付いているのですが、ここは勝手に負けてくれるのです。
案の定『2冊300円でいいよ』と店主のオババ(ホントに山姥みたいな人です)が言うのですが、あんまり悪くて500円払いました。
だって、浦沢直樹さんに失礼じゃないですか(古本を買うほうが失礼か?!)

この『PLUTO』(プルートウ)は"特別捜査官ゲジヒト"という冴えないおじさんロボットが、主人公です。
最初は、思ったより地味です。精緻な画力でありながら淡々とした筆運びで、話は進みます。

特に、1巻は”ノース2号”のくだりなど、静謐な哀しみに満ちています。

↓まだまだ、続くよ!

人気blogランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

[READ MORE...]
『もやしもん』4巻
2007年01月11日 (木) | 編集 |
『もやしもん』4巻が出ました。
『のだめカンタービレ』は音大。『ハチミツとクローバー』は美大。
この『もやしもん』は、農大のお話です。

『動物のお医者さん』漆原教授もそうですが、この『もやしもん』の出て来る樹慶蔵教授も存在感がありありデス。

実学の先生って、ホントに変で素敵です。

↓ほら、こんな感じです。

教授127.jpg


なぜか『菌』が見えるという特異な能力の持ち主沢木直保クンと、幼なじみの結城蛍クンが某農大に入学するところから、物語は始まります。

樹教授の研究室に出入りする学生達の研究(色んな菌や臭~い発酵物)の日々を描いていて、なかなか面白いです。

只今、4巻は少しマンネリで、幼なじみの蛍クンも自分探し中で”一体、何処へ行こうというのか?”という状態です。

↓まだまだ、続くよ!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ

[READ MORE...]
『げんしけん』完結!
2007年01月11日 (木) | 編集 |
お正月、ウチのTVは”箱根駅伝”を付けっぱなしにしてBGMにしています。
私はそう熱心に見ているワケではなく、自分の母校が気になるのか、夫のほうが熱心に見ています。
それでも、山上がりの得意な”山の神、降臨!”なんて言われている順天堂大学の今井君とか”下りのエキスパート”もいて、襷にかける想いを考えると、何だか切なく熱くなってしまいます。

そんな中で、中央大学の上野君も頑張っていました。
今ちょうど『げんしけん』を読んでいた時だったので、これも同じ中央大学だなぁ~と思うと感慨深いものがありました。
いや~同じ大学生とは思えない...(笑)

げんしけん126.jpg


『げんしけん』とは...都心から電車で約1時間、同じ都内とは思えない山ん中、首都圏からでも受験するには、泊まりじゃなきゃ無理...という椎応大学(モデルは中央大学)の現代視覚文化研究会、略して”げんしけん”に集う学生たちの物語。

この9巻で、完結です。ちょっと、じわ~ときています。

↓まだまだ続くよ!
人気blogランキングへ

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。