映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容疑者Xの献身
2008年10月06日 (月) | 編集 |
物理学者が友を想う時、数学者は恋をする。

ガリ808.jpg
帝都大学理工学部物理学科の准教授、湯川学(福山雅治)が、今度の事件に興味を持ったのは、容疑者(松雪泰子)が儚げで色っぽい美人だった事と容疑者の隣人が旧友だったから。

私は『チームバチスタの栄光』の映画(原作は好き)より、こっちのほうがずっと楽しめ面白かった。多分、一番大きいのは鑑賞前に『容疑者Xの献身』の原作を読まなかった事が、大きい。(『探偵ガリレオ』『予知夢』は読んだ)

ミステリー映画は、原作を読まないのに限る!これ大事(笑)

今回は、特に、結末は二転三転する。犯人も死体隠匿を手伝った者も最初に判っている、というのに。ホントのホントの事実が解明されていく時、私は原作をまだ読んでなくて良かった!と、つくづく思った。(現在は読了)

それに『チームバチスタ』の主人公は、出世街道から降り、さりとて世捨て人にもなれない物思う事が多い何とも魅力的な男だったのに、ただの癒し系のほんわりした女になってるし。

こちらの物理学者『ガリレオ』に絡むのは、刑事の草薙俊平(北村一輝)じゃなく内海薫(柴咲コウ)だが、要らないと思いつつ、まっワトソン君的役回りだしいいか...とTVドラマで観ているうちに諦めがつく(笑)
TVドラマで馴染んだ面々...助手の栗林さん(渡辺いっけい)や監察医の城之内桜子(真矢みき)刑事の弓削(品川祐)にも、会えて嬉しい。

土曜のTVドラマ『ガリレオ・エピソードゼロ』では、若き日の湯川と草薙はピカピカの三浦春馬と佐野和真なのに、栗林さん(渡辺いっけい)はそのまま(髪だけヤングw)出て来るのが笑えた。この『エピソードゼロ』も、何故、物理学者が刑事の捜査に協力するようになったのか?繋がりが分かって、興味深い。もちろん、石神も出て来て、映画の序章となっている。

ガリ809.jpg『この証明は美しくない』と言って、4色問題を一心不乱に解いていた大学時代の石神。純粋だが、生き方が不器用で数学以外に関心が無い。

その石神が数学の美しさ以外の "美しさ"に、彼は初めて気づく。

"恋"というより"生きる希望"をもらった石神は、愛する者のために無償の愛を捧げる。
その一方で、明晰な頭脳で計画した冷徹な犯行もやってのける。

石神が計算し尽くした完全犯罪の方程式を、湯川は苦悩しながら解く。


彼の数学の才能や人柄を惜しみ、無念に思う湯川学。

天才物理学者VS天才数学者。
お互い本物と認め、自分を理解してくれる数少ない友達。

感情に流されない合理主義者の湯川学も、さすがに、この友を想う時、気持ちは揺れ動くのだった。

『この問題を解いても、誰も幸せにならない』と、石神は言った。

しかし、最後に花岡靖子が叫んだ時、少なくとも結末は美しかった...のかも知れない。


映画を観た後に、ぜひ原作をおススメしたい。

原作が小説である映画を、何度か観ている人は気づいていると思うが、かなり薄い本じゃないと映画のストーリーとしてうまく消化出来ない。案外、省略される部分が多い。

このミステリーは、最後の最後までトリックが判らないし、途中までこちらはひっかけ問題に騙される事になる。映画だと、なおさらである。

映画の中で、今ひとつ腑に落ちない事情は、原作のほうで丹念に追っている。

石神は大学院に進まなかった後、段階を経て高校教師になっているし、映画の日常ほど虚ろにやり過ごしていたわけではない。やる気の無い生徒に『何のために数学を勉強するのか?』『いったい何の役にたつのか?時間の無駄だろ?』(←私も高校時代ずーと思ってた)と質問されて、生徒の関心事に絡めて丁寧に説明したりする所もある。色んな経過を知るには、原作を読んでほしい。

そして、淡々とした筋運びなのに、なんと最後は慟哭の叫び!いきなり胸を掴まれる。

あぁ、この最後のために "石神役"は手練の役者を持ってこないといけなかったのだ。

ちなみに、原作では石神(堤真一)は醜い男で、工藤(ダンカン)は端正な顔をしている。

堤真一はこの間の『クライマーズハイ』も熱演で良かったんだけど、どうしても堺雅人の演技に目を奪われてしまって。それを横目で見ていた(見ていたのか?!)堤真一の今度の演技は、実に興味深い!と思う。

『手紙』もそうだけど、原作より映画のほうがウェット過ぎる...お~いおい。
福山雅治を見に行っただけなのに、石神の人生が物哀しくて、泣いてしまった。

湯川の友への気持ち、石神の愛する人を守ろうとする気持ち。
クールな湯川が揺れに揺れて、社会的な地位や立場を抜きにした理系男たちのピュアさ加減に、こちらも胸を揺すぶられる。

原作も良い!『容疑者Xの献身』...献身!ホント、題名どおりである。

追記:日本のガリレオ先生たち、ノーベル賞、おめでとうー!!ノーベル賞を獲るような本当の物理学者は、87歳だったり、髪がスゴい事になってたりするんだ、と妙に納得しました(笑)

↓福山雅治や東野圭吾や数学や物理、どれかが好きって方、クリックよろしく^^
banner_03.gif

スポンサーサイト

『めがね』観た~
2007年09月28日 (金) | 編集 |
喰う、寝る、ぼお~~とする...たそがれる...

めがね454.jpg

『たそがれる』というのは、日常から離れて命の洗濯をするというか、ほぅ~とするというか...。

タエコ(小林聡美)も最初は理屈っぽく抵抗してたものの、最後には風景に同化してましたね。
タエコが置いていったスーツケースには ”日常の煩雑さ”が、ぎゅうっと詰まっているんだろうな。
スゴく疲れた時に、観るといいかも知れませんね。

加瀬亮、素でいいですね(単なるファン)木綿の白いシャツが似合ってて。
加瀬亮は、すぐに現地に溶け込む脳天気さと食欲を持った”ヨモギ”という役なんですが『あの~何しに来たの?』っていうくらい ”コージ”(←犬)と同じくらいの存在感でしたね(笑)

もたいまさこは、まるで”何かの達人”です。”何か”って何?って言われても困りますが(笑)
もたいまさこがぎーこぎーこ自転車漕いで来てくれた時や、赤いロングマフラーをなびかせて現れた時は、彼女がまるで『ヒーロー』に見えましたよ。

光石研、妙~な俳優さんになったんもんですね(笑)
長谷川法世のマンガを読んでいたから『博多っ子純情』も観ましたけど、この間の『それでもボクはやってない』のあの人でしょう。はぁ~~。いや~面白いもんですね。


めがね3456.jpgどちらかというと、私は『かもめ食堂』のほうが好きかな。
あの独特な世界を初めて見たインパクトと、ストーリーが何とかあったから。食べ物も『かもめ』のほうが、作るところから見せ、夕ご飯向きのメニューもあり、美味しそうだった気が。こちらの『めがね』は”朝ご飯”が多いし、ストーリーはよりシェイプされて、ん~何か”彼岸の世界”に居るような~。


『天然コケッコー』よりゆるぅ~~ゆるぅ~~...Zzzzz...あっ、すみません!寝てしまいました。

とはいえ『めがね』も心地よいので、きっと脳はα波を出しているはず、うん。


めがね2455.jpg


ただ、油断するとノンレム睡眠の彼方へ、飛んでいってしまいますから。

お目覚めの時は、もたいまさこサンが『おはよう~ございます~』と声をかけてくれます。
『ぎょっ』として目が覚めること、間違い無しです。

『お休みなさい~』と寝付くまで、じっと枕元に居られるより、いいですね~ぐふふ。



↓人気ブログランキングに参加しています。 クリック、よろしく!
人気blogランキングへ
banner_03.gif


夕凪の街 桜の国
2007年08月21日 (火) | 編集 |
夕凪ってロマンチックに聞こえるけど、夕方に風がやみ蒸し暑い状態をいうんだ...と、あらためて思い知った。今までにも、私には知らないことはたくさんあったけど...。

夕凪3402.jpg

『夕凪の街』はノスタルジックな風景と、出ている役者さんもその時代にすんなり溶け合っていました。
皆実を演じる麻生久美子が儚くて ”結婚”という幸せにも踏み切れず、罪悪感を感じてしまう女性を切々と演じています。皆実が幸せになろうとすると、あの時の情景がフラッシュバックされ、観ているこちらも辛いです。もう体の奥にしまい込んでいる傷に触れられているみたいで、涙が止まりませんでした。マンガと違って、映画のほうが湿り気多めです。顔中、塩辛くなりました...。

『桜の国』のほうは『夕凪の街』とパキっと色調と雰囲気が違うので、私には最後までなじめませんでした。マンガは同じ絵柄ですから語られるトーンは一緒なんで、違和感が無かったんですが。
この映画は、マンガの原作に忠実なんですよ。
原作ファンとしては嬉しいのですが、それは時として両刃の剣。
マンガではスルーして読むところが、実写になると不自然で納得いかない部分があり、そこは脚本を実写用に変換してほしかったです。


生まれる前
そう あの時 わたしは ふたりを見ていた
そして 確かに このふたりを選んで
生まれてこようと決めたのだ

と、少しファンタジーなセリフもあるので『桜の国』もノスタルジックな色合いで寓話のような感じでも良かったかなぁ...。
脚本を練る時間が少なくて、熟成しなかったんでしょうか...。
これは、マンガ実写化映画としても少し残念。
『夕凪の街』が良かったんで『桜の国』も揃えば、くるんと完成度の高い映画になっていたと思います。

どちらかというと、私は映画よりマンガのほうが好きです。


マンガでは、皆実は倒れてからあっという間です...。
眼も見えなくなり、真っ白いコマの中で語られる...。

嬉しい? 10年経ったけど
原爆を落とした人はわたしを見て
『やった! また ひとり殺せた』
とちゃんと 思うて くれとる?

なんて哀しい独白だろう...。

少なくとも、私は原爆のことを忘れません...。


↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気blogランキングへ
banner_03.gif


[READ MORE...]
舞妓Haaaan!!!
2007年06月26日 (火) | 編集 |
皆さん、お見舞い、本当にありがとうございました!これからも、よろしゅうに!!

舞妓330.jpg

のっけからHP『ぼんの舞妓日記』のやりとりから、笑わしてくれました。

あれれ、さっきまで打っていた文が、そっくり消えてしまったので(泣く)今日は簡単に(笑)

京都のかやく工場、好きでした~。生瀬工場長ら工員さん達も、黄昏れていてイイ感じ(笑)

堤真一も、あんなに面白い人だとは思いませんでした。

柴咲コウも、お間抜けな脇役だったせいか、今までになく可愛かったですね。

ストーリーについてツッコもうと思ったんですが、パンフでクドカンが言ってるのを読んでいたら脱力したんで、いいです(笑)

この映画は、ストーリーはさておきリアリティーは追求せず、笑って笑って楽しむ!ということにつきるでしょう。


舞妓3335.jpg植木等さんが、ほんのちょいと出ておりました。

お座敷遊びの常連さん、西陣の社長はんの役で。
BGMの三味線は『スーダラ節』

植木さんが出たとたん
『ほら、植木等。これが、最後の映画出演よ』
と、話す老夫婦の声が聞こえました。
植木さんにお別れを告げに来たんでしょうか...。

最後に『植木等さん、笑いと元気をありがとう』というテロップが流れてました。

あ...『笑いと元気』
いい言葉やなぁ...。


↓人気ブログランキングに参加しています。ポチッとよろしく!
人気blogランキングへ
banner_03.gif


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。